« 今日という日 | Main | テスト・ブルー »

ベクトル解析一考

紺です。

今日は元気。

風邪が治って、食事したら味が分かるよ。

味覚、サイコー。

フォーーーーーー!!
 
 
 
 
 
 
 
今日はね、ベクトル解析とかいう授業を、

受けてたんですよ。紺は。

その前に基礎物理学演習とかいう授業も、

あったにはあったんですが、

毎度のことながら紺は物理がわからんので、

何をやっているのか、むしろ、

『「T」ってなんだ何を表してるの?

へえ、張力ね。

で、張力ってなんだ。何なの具体的に?』

というレベルなので、このままでは、

単位取得がピンチです。

そんなことはどうでもいい。

ベクトル解析だよ、ベクトル解析。
 
 
 
 
 
ベクトル解析って、数学ですよ。数学。

数学の一種だと思ってもらえればオッケイ。

数字だの文字だのをこねくり回して、

そうか、これはすごい事だぞう! って、

喜ぶマニアックな学問です。

でね、数学やってたわけですよ、今日も。

そしたら、ふと思うわけですよ。

この数学で、物理の問題が解けるんだな、と。

で、物理は世の中の法則を表してるんだな、と。

世の中の法則っちゃなんだろうな、と。

紺がいて、このブログ読んでる人が居て、

このブログをやるための会社を運営する人が居て、

その会社を清掃する人とか居て、

その人にも子供とか居て、

清掃した給料で養われてたりして、

あれ、世の中に物理法則出てこねえぞ、と。
 
 
 
 

で、プリントを床に落としてみたわけですよ。

手を放すと、ふらふらしたあと、

プリントは床に到着するけど、これって物理法則。

でも、どこに着地するかを計算で割り出すのは、

並大抵のことじゃねえよなぁ、と。

まずプリントの重さが分かってないといけないし、

空気抵抗の固有値とかあったら困るし、

このプリント若干曲がってるから、

それも考慮に入れたりするともう、お手上げ。

物理、弱え。
 
 
 
 
 

でも、プリントを拾う紺の筋肉の消費する、

エネルギーというか熱量は、わりかし簡単に、

計算できたりするわけだな、と。

計算か。計算すげえ。

まずどういう根性でもって、

計算などというプロセスを思いついたんだろう、と。

プロセス。

そう、プロセス。

チーズじゃなくて。

メソッドだよね。うん。

プロセスをメソッド化するっていうのは、

すごく冴えている。

他人に教えて知識の拡散を図ることも出来るし、

他人に教えようという思考のおかげで、

自分のなかで確固とした手順が生まれる。

確固とした手順。
 
 
 
 
 
 

数学なんて、この確固とした手順の塊だ。

何世紀も何世紀も、

馬鹿みたいにたくさんの人たちが、

この『確固とした手順』を完成させるために、

人生を費やしてきたわけだ。

で、紺みたいな学生が、

人生かけて手に入れた『確固とした手順』の、

エッセンス、絞り尽くしの一滴をこうして、

飲んでるわけだ。

 
 
 
 
 
 
数学ってすげえなぁ。

なんかよくわからんけど、すげえなぁ。

うん。

もう少しまじめにやるか。

でもこの問題わかんね。
 
 
 
 
 
 
 
うん。

だらだら考えてたら、変な結論に至った。

本筋はどれかって?

うん。

紺も知らない。

脇道だけを歩いてみた。

そんな脳みそ散歩。

たまには無意味な文も書いてみる。

修正。『いつにもまして』無意味な文。

そんな日があったってイイジャナーイ!

|

« 今日という日 | Main | テスト・ブルー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68875/4946693

Listed below are links to weblogs that reference ベクトル解析一考:

« 今日という日 | Main | テスト・ブルー »