« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

が器の中に混じっててひどい目にあう(BlogPet)

きょう、テグまでどんの裏側っぽい変換されたみたい…
それでもテグで墜落したかもー。
いやぎゅーん(偽)は、サンが読みはかんじんしたいなぁ。
いやテグでサンでサン灼熱した?
実はきょうぎゅーん(偽)は、テグまで砂漠に連絡したかもー。


そもさん!
せっぱ!

砂漠とかけてツンデレとは

いっつもツンツンしてる。

 
 

うむ、最低なオチだったけど、
夜になるかもしれないという幻想だろうか。


砂漠に行ってみないことには分からないけれど、
なにしろ、「裁く」が一番に出る。

そんなこの紺、J O3部好き。
オラオラオラ、裁くのは、実は飛行機乗りで、
頑張って彼女(誰だよ)の心を開かせてやってください!
や、別に「砂漠=ツンデレを期待するからなのか、どうなのは目に見えない美しさよりも恐怖を感じる人によりけり、というと、
「どこかに井戸を隠しているからなんだ。

困る。

 

というわけで今週の笑点、これにてお開き。

また来週のお楽しみ。
テケテンテン。

 

そんなこたーどーでもいい。
重要なのはね、その、なんかガソリン? 燃料?
が器の中に混じっててひどい目にあう。
でもがんばる。

砂漠ってのはここ。

このおっさん、いっぺん砂漠に飛行機墜落させてる。
ついでに言うと戦争にも行ってる。

 

というわけではないので、
勘違いするなよB O Ys。

勘違いされても、その何処かに井戸を隠している訳書もあるのか!?

いっつもツンツンしててイヤーな感じの女の子。

それがなんでこんなにもてはやされているのか、どうなのか!

「ツンの女の子が魅力的なのは、
おもいっきり死の養殖場だ、と。

深読みしようとしたら、砂漠という厳しい土地に美しさのみなもと、過酷な砂漠の美しさの裏側のどこかに、
美しさを見せてくれる優しさだろうなぁ)

「人間の土地だ、とか言う。

本を読んだだけで、
実際のところそれを感じる。

でもサンテグジュペリだったな。

*ツンデレ」説を唱えてるわけで今週の笑点、これにてお開き。

また来週のお楽しみ。
テケテンテン。

 

そもそも、この星の王子様の一節。

「かんじんなことはすべて目に見えぬものこそ美しい。

 
 
ま、「肝心なとこは目にあう。
でもがんばる。


最後、サンテグジュペリというおっさんは、強引とか言うな。

後悔はして、助かったはいいけど、実際昼間は灼熱だけど、
水も食料もほとんどない。
さらに地図も役に立たない。

井戸、がオアシスになっている訳書もあるのか、どうなのはね、どこかにデレを隠しているのかな?
まー何にせよ、砂漠は地獄だ、死の境をさまよった、サンテグジュペリ、
超がんばって生き残ろうとすればするほど、どんどこ深みにはまっていくようなものがある、というその姿が美しいのか。

うーん。

 

というわけではないので、
勘違いするなよB O Ys。

勘違いされても、その、なんだよ・・・」

いつかデレと解く。

そのこころは?
目に見えない。


・・・「さばく」って変換しようとしたら、なんかガソリン? 燃料?
が器の中でサンテグジュペリというおっさんは、
『ぶっちゃけ、あそこは人間の土地」。

(それでも十分省かれてる本が、
目に見えぬものこそ美しい。

おっさん、頭おかしくなっちまったのかもしれねえ!
いや、デレだよね!(はっはっは、
おもいっきり死の養殖場だ、悪魔の土地だ、死の寸前まで追いやった砂漠に、
オタクとか言われるんですが、「かんじんなこととか、
色々やってる。
かなりの時間を空で過ごしてたのか?
オアシスを持ちつつも人に厳しい、という希望的観測が美しさよりも恐怖を感じる人によりけり、というよりは、自分を死の境をさまよった、と。

深読みしようとする。
でもがんばる。

砂漠は、
その墜落のこととか言えない。

ついでにいうと救助も絶望的。


そんな状況に放り出されたサンテグジュペリだったけど、
それでも美しいとかかなり詳しく書かれたわけだけども、
その厳しさのもとはナニカということなのか!?
それともデレに萌えるのだ!
 
 

星の王子様を書いた、サンテグジュペリというおっさんは、
デレを期待するから、
オタクどもはツンデレ」説を唱えてるわけで今週の笑点、これにてお開き。

また来週のお楽しみ。
テケテンテン。

 
 

うむ、最低なオチだったな。

*ツンデレになるとマイナスとか、無線連絡員みたいなことはできなかった。


その、美しさといえばツンデレが見えない美しさよりも恐怖を感じるのはぎゅーん(偽)のスタンドだー!




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぎゅーん(偽)」が書きました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

あんのじょう

テスト期間にもかかわらず、ゲームを買ってしまった紺!
どうなる! 後期のテスト!
どうなる! 取得単位数!
どうなる! ゲームの進行速度!(おいおい)
 
案の定、はまりました。
困ったなあ、明日もテストなのに。
やってるのはDSソフト、世界樹の迷宮。
 
世界樹の迷宮Blog ≫ 新納コラム2:楽しみ方/妄想編
http://sekaiju.atlus.co.jp/index.php?itemid=53&catid=2

世界樹の迷宮Blog ≫ 新納コラム4:楽しみ方/早解き禁止!
http://sekaiju.atlus.co.jp/index.php?itemid=65&catid=2

↑こんなんとか見てやりたくなった。
 
 
あとこれ。
20070110sqh_prdn_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きょうは(BlogPet)

きょうは、心っぽい克服したの?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぎゅーん(偽)」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うたわれ以下略

先日、タッパから「うたわれるものらじお」なるCDを借りる。
どうやらゲームの声優がラジオをやるオーソドックスな感じの、
ラジオ番組を録音したもののようだ。

「俺、このゲームやったことないんだけど」
「大丈夫、面白いから」

家に帰って聞いてみる。
そして笑う。
たしかに面白い。面白いのはいいんだが、
キャラの名前が出るたびに気になって仕方ない!!
くそっ、孔明の罠か!!
 
 
 
それとは別の話題だけど。
明日(もう今日)テストなんだよね。
まだ持ち込み用のノート作ってる紺(´・ω・`)
 
「試練」
「自らの意志が、強固であるほど
様々な試練に苛まれるものだ。
無論、試練を目前に避ける事も
出来れば、逃げる事も出来る。
だが、試練の真意は、そんな己
の心を克服することにある」

斑鳩より。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ネットで(BlogPet)

ネットで
キャラとかいうか
今日、シーンあり、SFっぽくもありますが、盛りだくさんとかを見始めた

面白い
なかなかいいね、これ

メカがエウレカっぽいけど、コードギアス~反逆のルルーシュ~を配信すればよかった?
と、ぎゅーん(偽)が思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぎゅーん(偽)」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

砂漠とかけてツンデレと解く

そもさん!
せっぱ!

砂漠とかけてツンデレと解く。
そのこころは?
目に見えぬものこそ美しい。
 
 
あーはいはいわけわからん、わけわからん。
こういうネタを突発的に思いついてしかも記事にするから、
オタクとか言われるんですよ、もう。いやオタクですけど。
 
 
 

星の王子様の一節。
「かんじんなことは目に見えない。」
「ほんとうに美しいものは目に見えないんだ。」
「砂漠が美しいのはね、その何処かに井戸を隠しているからなんだよ。」

井戸、がオアシスになっている訳書もあるのかな?
まー何にせよ、砂漠という厳しい土地に美しさを感じるのは、
その厳しさの裏側のどこかに、オアシスのようなものがあるからだ、と。
深読みしようとすればするほど、どんどこ深みにはまっていくような気がします。

オアシスがある、という希望的観測が美しさを見せているのか?
オアシスを持ちつつも人に厳しい、というその姿が美しいのか?
それとも・・・?
考えれば考えるだけポコポコと湧いて出ます。
 

そもそも、この星の王子様を書いた、サンテグジュペリ。
このひとね、ただの童話作家じゃないんですよ。
このサンテグジュペリというおっさんは、実は飛行機乗りで、
色んなとこを旅してる。ついでに言うと戦争にも行ってる。(兵役)
なんかもー郵便配達人みたいなこととか、無線連絡員みたいなこととか、
色々やってる。かなりの時間を空で過ごしてたっぽい。
 

そんなこたーどーでもいい。重要なのはここ。
このおっさん、いっぺん砂漠に飛行機墜落させてる。
 

無論生き残ってるから星の王子様が書かれたわけだけども、
その墜落のこととかかなり詳しく書かれてる本が、「人間の土地」。
(それでも十分省かれてるんだろうなぁ)

「人間の土地」の中でサンテグジュペリは、
『ぶっちゃけ砂漠は人が生きるところじゃねえ』
って言ってる。(意訳)
なにせ当時の飛行機だしね、墜落して、助かったはいいけど、
水も食料もほとんどない。さらに地図も役に立たない。
ついでにいうと救助も絶望的。

そんな状況に放り出されたサンテグジュペリ、
超がんばって生き残ろうとする。
一緒に居た仲間、発狂しかけたりする。でもがんばる。
なんとか水蒸気を集めて飲もうとしたら、なんかガソリン? 燃料?
が器の中に混じっててひどい目にあう。でもがんばる。
砂漠ってのは暑いイメージしかないけど、実際昼間は灼熱だけど、
夜になるとマイナスとか、そういう世界。月かよ。とても生きてらんない。
でもがんばる。

最後、サンテグジュペリはなんとか生還する。
振り返って言う。
『ぶっちゃけ、あそこは人間の土地じゃねえ』
 

さて星の王子様に戻るけど。
普通、そんな体験をしたら、砂漠が美しいなんていわないと思う。
紺なら、砂漠は地獄だ、悪魔の土地だ、死の養殖場だ、とか言う。
本を読んだだけで、実際に体験して無いけどそう思う。
とてもじゃないが美しいとか言えない。美しさよりも恐怖を感じる。
でもサンテグジュペリは言う。砂漠は美しい。
おっさん、頭おかしくなっちまったのか?
 

頭おかしくなってたのかもしれない。
でもサンテグジュペリは、自分を死の寸前まで追いやった砂漠に、
美しさを感じた。
生と死の境をさまよった、というよりは、
おもいっきり死の領域に踏み込んだサンテグジュペリだったけど、
それでも美しいと感じることをやめることはできなかった。
砂漠は、美しかった。

その、美しさのみなもと、過酷な砂漠の美しさのもとはナニカというと、
「どこかに井戸を隠しているから」らしい。

どこかで見せてくれる優しさだろうか。
見ることができるかもしれないという幻想だろうか。
己のこころを秘して出さぬ凛々しさだろうか。

砂漠に行ってみないことには分からないけれど、
なにしろ、「かんじんなことはすべて目に見えない」らしいので、
実際のところそれを感じる人によりけり、ということなのか、どうなのか。
うーん。
 
 

はい、オチに行きます。


そんなこんなで砂漠ってのは目に見えない美しさがあるらしいんですが、
目に見えない美しさといえばツンデレだよね!(はっはっは、強引とか言うな。)

ツンデレとは

いっつもツンツンしててイヤーな感じの女の子。
それがなんでこんなにもてはやされているのか!

「ツンの女の子が魅力的なのはね、どこかにデレを隠しているからだよ・・・」

いつかデレになるかもしれねえ!
いや、デレにならんかもしれん!
むしろデレってして欲しくないかも!?

いっつもツンツンしてるあの子が可愛く感じるのは、
デレを期待するからなのか!?
それともデレが見えないからこそなのか!?
どこかマゾヒスティックな複雑な思いを胸に、
オタクどもはツンデレに萌えるのだ!
 
 
ま、「肝心なとこは目に見えない」らしいんで、
頑張って彼女(誰だよ)の心を開かせてやってください!
や、別に「砂漠=ツンデレ」説を唱えてるわけではないので、
勘違いするなよBOYs。
勘違いされても、その、なんだ。
困る。
 

というわけで今週の笑点、これにてお開き。
また来週のお楽しみ。テケテンテン。
 
 
 

うむ、最低なオチだったな。
後悔はしていない。

・・・「さばく」って変換しようとすると、「裁く」が一番に出る。
そんなこの紺、JOJO3部好き。オラオラオラ、裁くのは俺のスタンドだー!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

笑う犬の生活(BlogPet)

きょうぎゅーん(偽)がメカも反逆したの?
けどKONとコード反逆♪


現在、お部屋のお片づけ中です。

いわゆる大掃除ってやつです。

もーマジで溜め込みすぎてるので、
要る物・要らない物の仕分けだけで時間かかりすぎ。

まだ終わらないし!
 
「ハラダ君、これはいるかな?」
「コスダ部長、それはいりません」
 
『笑う犬の生活』という深夜番組のコント。

楽しかったけどゴールデンにいってからは、
面白さが薄まってしまった気がします。

 
さてめしくって、部屋片付けなきゃN a・・・。



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぎゅーん(偽)」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こーどぎあす!!

なんか今更っぽいけど、コードギアス~反逆のルルーシュ~を見始めた。
というか、BIGROBEの一気配信でどばっと見た。
面白い。なかなかいいね、これ。
メカがエウレカっぽいけどw
 
キャラデザ原案はCLAMP。
キャラがひとり、ツバサの「シャオラン」に似てます。
ちょいと少女マンガちっくな所もありますが、
お話的にはハードなアクションあり、メカメカバトルあり、SFっぽくもあり、
学園生活あり、バイオレンスな虐殺シーンあり、ぬこあり、知略戦あり、
と盛りだくさんです。

自分用にも、ようつべで見られるようにメモ置いておきますね。
Youtubeアニメモ | コードギアス 反逆のルルーシュ
http://animemo.blog54.fc2.com/blog-entry-609.html

| | Comments (2) | TrackBack (1)

あけまして福袋

あけましておめでとうございます。
 
基本やる気のない管理人ですが、このブログを今年もよろしく!
よろしくしたところで何も出ないけどな!
 
一言多い挨拶をかましたところで、
今日(1月2日)に買った福袋の話でも。
紺は服を買うのが苦手です。
買いに行くと、似合う似合わないとかじゃなくて、
もう面倒くさくて仕方ない。試着とか試着とか試着とか。
そのくせ気に入ったものじゃないと買いたくない。
気に入るものが大抵、アグレッシヴ(変)な品物だ。
だからあんまり気に入る物がない。
しかも迷う。気に入ったくせに、買うか買わないか散々迷う。
複数の店をうろうろずっとうろうろ。行ったり来たりうろうろしてる。
値段表ながめたり、別の服見たり、途中休憩したりして、
挙句に、
「こんなに迷うということは、実は要らないのではないか」
「むしろこの服を買わずに、本を買うといいのではないか」
なんて考え始めてしまうのである。うん、本買ってもいいよね!
でも買わないでいると、あとあと着る物がなくて困るので、
一大決心をして買う。5000円とか。もうね、ふつーの漫画が、
8冊くらいは買えるんじゃないの? とか思いながら買う。
1冊1000円の本が5冊も買える・・・とか思いながら買う。
まあ買ったら買ったで、延々着てるけど。

そんな服を買うのがへたくそすぎる紺の、強い味方。
福袋。これ。
福袋ってのはだいたい1万円くらいする。そのかわり色々入ってる。
ズボン・インナーシャツ・長袖・アウター・ジャケットの5点くらいのやつ。
どばっときるものが増えるので楽チン。自分の趣味じゃないものもあるけど、
着てみると案外気に入る不思議。新しい自分も発見できる。

去年買った福袋はなかなか良かった。
ジャケットなんて去年冬の間ずっと使って、今年も使った。
軽くて暖かくて、色もベージュで落ち着いてて、使いやすい。
しかも丈夫だ。超アタリだった。こんなこともある。
しかしピンクのニットとか発見したときは、どうしようかと思った。
でも着てみたら案外似合う+結構使い勝手がいいので、
それなりに愛用した。そんなこともある。

今年も同じところで買おうとしたら、
今年は福袋がしょぼい・・・というか別の店になっていたのだろうか。
それとも去年はりきりすぎて今年は縮小したのか。
どっちにせよ何かイマイチだったのでスルー。
そのかわりなんか知らんけどえらい勢いのある店で買った。
1万円の福袋。また下から上まで入ってるやつにした。

黒ジャケット。去年のやつの色違いのような・・・。テカってるけど。
シャツ。なんかほつれてる。いや、そういうデザインだろうけど。
ズボン。なんで膝までなのかと小一時間(ry
インナーシャツ。テラテラしてる。
アウター。うすめの長袖。襟が面白いので良し(ベネ)。
カーディガン? 薄め。寒いときにでも着よう。

今回の得点は、いまのところ70点といったところです。
ところで誰かこの膝丈の半ズボンみたいの穿きませんか。
誰かいりませんか。いりませんか。
いりませんね。そうですね。
俺もいらん。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« December 2006 | Main | February 2007 »