Posts categorized "旅行・地域"

南へ北へ

こんばんわ。紺です。

なんだか台風で石垣島やら西表島やらが被害にあってるのをみて、

非常にかなしい気分になりました。

ゆかりのある土地がめちゃめちゃになるのってかなしいですね。

年取ってくたびにそういう場所が増えるから困る。

まあいいや。

お待ちかね、旅行の感想などなど。
 
 
 
***沖縄編****

羽田から那覇、那覇から石垣島へ。

着いた瞬間に感じたもの。

 「 暑 い ・・・ ・・・ !!」

しゃれにならんかったです。

Tシャツ、上着(半そで)、ジーパンという、

東京では比較的一般的な格好だったにもかかわらず、

体中から汗、だだもれ。短パンを買うことを決意する。
 
 
 

石垣島から西表島へフェリーで渡る。(*途中で紺は寝た)

てか、そこらじゅうにシーサーが鎮座しとる。

西表島につきお迎えバスにのって、

泊まるところ(ペンション?)までゆく。

言っちゃ悪いが、ここはジャングルだ。

ちなみに我とカノジョに運転免許はない。

すべてバスとタクシーで済ませる予定だった。

しかし、バス運行予定表を見て青くなる二人。

「え? 一時間に2本とか……え? ギャグ?」

しかも時間通りにはこない。おそるべし南国タイム。
 
 
 
 
移動だけですごい疲れたので1日目はペンション前の浜辺で遊ぶ。

海の水、すげーーーーーーキレイ!!

やっべ、底が見える底が!! いやなんか海草生えてるけど!!

うおっ魚がおる魚が!! 捕まえて今日の晩御飯にするだー!

うはーーーカニまでいるおーーー(^ω^)ーーー!!

はしゃぎまくり、晩飯に遅れそうになる。

晩飯が終わると始まる沖縄民謡ショー。

伝統的踊りまで付いていたが、うん、すまん。

8割がた寝てたのでよく覚えていない。

*今回の旅で紺は本当によく寝た。マジでマジで。
 
 
 
2日目。

滝を見に行く。

ペンションのおばあちゃん(おばー)が、

「車で5分くらいだねー、近いようー」

とか言ってたので、信用して徒歩でいく。

あの、45分くらい歩いたんですけどっっ!!><;

近い遠いの感覚が東京人とは違う。恐るべしオキナワフィーリング。

河に着く。船に乗る。

上流で降りて、山道をしこしこ歩く。

しばーらく、「ここは高尾山だろうか」とか思いながら歩き、

展望台へ。どうやら近くにいけるらしい。

行く。

そして着いたとたんにスコールが降り始めるマジック。('д`)

しかも遠くで見たほうが滝はきれいだったさ・・・。
 
 
 
しばらく休憩してから山を降りる。

カヌーをしてみた。中州におりてシオマネキどものご飯後を見る。

花畑のごとくに、まぁーるい砂が一面中・・・。

あ、ムツゴロウもいたよ!(じじいじゃなくてね)

その後、石垣島に渡る。(*このときも紺は寝ていた。)
 
 
 
 
三日目。

石垣島で遊ぶ。

浜辺に行ったら彼女が突然、

「あっちにいこう!」

遊泳禁止区域へと歩き出す。

ついていく。

堤防を越えるとそこは、

 な ま こ パ ラ ダ イ ス 。

ぎゃああああああああああああああああ!!

なまこイヤァァァァァァァァァァァァアッァァァーーーーーー!!

きもい! キモイ! きもきもきもそdじゃおsぢfじゅあじ!!

もう、一歩間違えば、足の下になまこ。ぐじゅあ!

てか間違えなくても、足のそばになまこ。ひぎゃあ!

ずんずん歩いていく彼女。

ひぃーひぃー言いながら後を追う紺。

浅瀬を越えると魚がいっぱいいて、

それはそれは幻想的な雰囲気ではあったが、

帰るときにはもう一度なまこビーチを通るハメになるのでヴぁー。

 
 
 
4日目。

石垣島。鍾乳洞にいく。

しかしこの鍾乳洞、思った以上に時間が潰せず、

てかさ、しょぼいとかしょぼくないとかじゃなくて、

 ご っ つ い 不 気 味 。

薄暗いし。

湿ってるし。

そこでもカノジョは、

「こっちに行ってみよう!」

立ち入り禁止の札の向こうに行こうとする。

やーーーーめーーーーーてーーーーーーー!

必死で止めて、道なりにしばらく歩くと、

どうやらさっきの立ち入り禁止道の先らしき横道を見つけたり。

「ほら、ここに来ちゃうんだよ、ショートカットだよ」

どうにか歩く道を長くしようとするスタッフの苦労がうかがえた。
 
 
 
まだ飛行機の時間まで暇があったので、

三線(オキナワ三味線)体験授業うけてみたり、

またビーチにいったりして、沖縄を満喫した。
 
 
 
 
運転免許、欲しいなあと思った沖縄の旅であった。

次回、北海道編。

| | Comments (4) | TrackBack (0)